WOOD CONEという名の癒し

スポンサードリンク



こんばんわ、takkao♂(@takkao0401)です!

さて、私の趣味の一つとして、音楽鑑賞があります。

昔から音楽が好きな家族に生まれたため、生まれた時から(胎児の時から?w)音楽のある生活が自然にありました。

音楽、歌が好きな両親の影響なのでしょうね。

父はクラシックが好きで、母親に怒られながらもクラシックレコードを集めてたそうです。

今もレコード自体はあるので、いつかプレーヤーを買って聴けるようにしたいなと思ったり。

古くて動かないプレーヤーはまだ残っているんですけどね。

アンプもあるし、修理したら直るのかなぁ

母も音楽が大好き。

というよりも、歌うことが何よりも好きなのでしょう。

高校時代は合唱部に入っていたそうです。

普段の生活の中で、母親が急に歌い始め、そこに家族でハモリが始まるという不思議な家族です(笑)

ガチでやり始めたらミュージカルfamilyですねwww

Victor・JVC コンポ EX-S5-B
楽天市場で探すAmazonで探すYahooショッピングで探す7netで探すby カエレバ

幼少期〜小学校

そんな家族の一員(両親&4兄姉の末っ子)として生まれた私なわけですが、当然のごとく音楽は好きでした。

保育園時代にテレビで見たショパンコンクールの映像。

男性のピアニストの素敵な演奏に魅了され、いつかはピアニストになりたいといっていたそうです♪

小学校入学前から卒業まで、母親の友人にピアノを習い始めます。

基礎の練習から始まり、どのレベルまでやったかは詳しく覚えてはいませんが、小学校卒業までは週に1、2回くらいのペースで通っていました。

中学生以降

東海圏で生まれた私は、小学校卒業後、中学入学のタイミングで関東圏へ引っ越し。

新たな土地での生活が始まりました。

ピアノを他の先生のところへ通うことはありませんでした。

というのも、嫌いだからとかそういう理由ではありません。

小学校の時から始めた『野球⚾️』に打ち込んだというのが一番の理由かもしれません。

当時、私の中学校は強かったので、弱小少年野球で育ったtakkaoにとっては、勝つことの楽しさを教えていただいたいいきっかけとなりました。

慣れない土地でも、野球があるから自分をアピールできたし、友好関係もスムースに作ることができました。

中学の野球では、そこそこの成績をあげ、高校へと進んでいくわけです。

音楽に関しては?

音楽に関しては、基本的にはずっと好きなものでした。

中学時代は、MD(ミニディスク)が流行った時代でしたので、MD機能のついたラジカセ、コンポを購入。

TSUTAYAに行って借りてきては録音、借りてきては録音としていました。

同時に、洋楽にも少しハマり始め、BLUEというアーティストのCDを洋楽としてはじめて購入しました。

CDに関しては、結構買ってしまう方でして。。。ww

特に高校卒業後は、大好きなコブクロさんをはじめとして、いろんなアーティストのCDを買いました。

レコード時代にあったであろういわゆる【ジャケ買い】もしていました。

音楽ってやっぱりいいですよね。

その昔、新世紀エヴァンゲリオンの葛城ミサトさんが口にした名言。

「お風呂は心の洗濯よ」

音楽にも同じような効果があるよなぁと思うのです♪

大好きな音に囲まれることの幸せ。

皆さんも一度は経験したことがあると思います。

音楽を生活に取り入れるって大切なことだと思うのです。

現代は、いろんな方法で音楽を聴くことができます。

WOOD CONEシステムという選択

リビングで音楽を聴く。

いい音で聴きたい。

そう思った時に、色々な製品を探しました。

そして、出会いました。

JVCのWOOD CONE(ウッドコーン)システムのコンポでした!!

スピーカー内部の振動板に、本物の木を使ってみよう!!というコンセプトのもと、開発が始まったそうです。

ヴァイオリンやギターなど、綺麗な音を響かせる楽器には木を素材にしたものが多いことに着目し、スピーカーも楽器でありたいという想いが込められているとのことです。

Victor・JVC コンポ EX-S5-B
楽天市場で探すAmazonで探すYahooショッピングで探す7netで探すby カエレバ

うーん。素敵だ。

そして、かわいい❤️ww

音を流しながら振動している振動板を見ていると、愛おしくなります。

愛着が持てるコンポを、ぜひあなたにも♪


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク