ColeClarkというguitar

スポンサードリンク



 takkao♂です。初詣まだ出発してないんかぁぁぁぁぁぁぁい

 ってことで、My Gearのご紹介です♫

きっかけは?

 ギターを触ったのは高校3年生の秋頃。高校野球も終わり、同級生の友達から3,000円でアコースティックギターを買ったことがきっかけでした。

 当時からコブクロさんが好きだったので、アコースティックギターにも当然興味がありましてねo(*′▽`)〇))”o(*′▽`)〇))”o(*′▽`)〇))”o(*′▽`)〇))”o(*′▽`)〇))”

 まぁなかなか根気強く弾き続けるのは難しく、押さえにくいコードもあったりしてしばらく離れた時期もありました。

 そんな中、高校卒業してから3年くらい経った頃、またギターを触ってみようという気が起きて再び練習してみることに。

 ほぅ、なぜかちょっとそれっぽく弾けるようになってる

 もともと音楽が好きだったのもあり、そこから弾き語りの練習が始まったわけです。弾き始めるとだんだんといい音で弾きたくなるわけで。。。

 コブクロさんや秦基博さんが好きだったというのもあり、TaylorやGibsonといったところで探していた時期もありました。というか、その時期の方が長かったかな

 ところが、のちに応援することになるSSW(シンガーソングライター)との出会いがギター探しの転機をむかえることになりました。

 彼は、Maton Guitarsの使い手で、とても素敵な音を奏でていました。ライブに行ったりして仲良くさせてもらう中で、ギターの話に。

 どうやらMatonはオーストラリアで作られているギターとのこと。そして、兄弟メーカーみたいな感じでColeClarkというギターメーカーがあるということ。

 調べてみると、イシバシ楽器さんが正規取扱のお店としてありました。

アコースティックギターなら石橋楽器店!

 直接行って、試奏させていただく。。。

 あぁ。いい音だ。。。

 という出会いがあり、購入した次第です。

 どうですか、この杢目。たまらんでしょう♬

 FL2(ファットレディ)シリーズのものです。自社オリジナルのピックアップも搭載されており、ライブの即戦力にもなります。 ←と言いつつやっていない

 カッタウェイスタイルだけども、ボディが大きいので響きも充分!!これからもずっと付き合っていきたい相棒の一つです💖

 さて、年越しそばも食べたので、そろそろあったかくして出発しますか!!

楽天市場

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク